いつかは住みたい池袋!〜気になる家賃相場や治安について〜

このエントリーをはてなブックマークに追加

池袋に通うようになったきっかけは

池袋、渋谷、新宿。
若者が集まる繁華街で、よく出かけたのは新宿。
大学時代、初めに住んだマンションが小田急線沿いにあったので新宿には出やすかったのだ。
次が渋谷。
池袋も乗り換え1回で出られるという点では渋谷と同じだったけれど、新宿で乗り換えて池袋へ出るのは、あまりメリットを感じなかった。
なので、よく出かけた新宿は怖くなく、渋谷が少し怖く、池袋はもっと怖かった。
けど、渋谷に出やすい地域に住んでいる人は、渋谷は怖くないけれど、池袋、新宿は怖いと言っていたので、これは単に「慣れ」の問題なのだろう。
おそらく、池袋に出やすい埼玉や練馬に住む人は、池袋は怖くないけれど、新宿、渋谷は怖いと言うような気がする。
さて、新宿ラブな私が次に住んだのは中央線沿い。
そしてその次は、新宿まで歩いて行けるようなところで、相変わらず新宿界隈をうろうろしていた。
けれど、部屋の狭さに耐えかねて、ついに新宿を離れることに。
新宿恋しいよぉ。
新宿に行きたいよぉ。
ずっとそう思っていたのに、ある日突然、池袋通いが始まります。
きっかけは、情けないことに漫喫。
冊数が多くて、小綺麗な漫喫が池袋にあったのです。
以来、池袋でご飯を食べて、ゲームセンターでちょっと遊んで、漫画喫茶でダラダラするというのが毎週のパターン。
さらに今では、お気に入りのお店もできて店員さんに顔を覚えられるほど足繁く通ったり、最初に見つけた漫喫のほかに、ソフトクリームが無料で食べられるお店を見つけたりで、出掛けるといえば池袋が定番となってしまいました。
それでも、まだ少し池袋が怖いと思っている私がいます。
Copyright (C)2017いつかは住みたい池袋!〜気になる家賃相場や治安について〜.All rights reserved.